日々の暮らしや家族との関係で、突然困ってしまうことも起きます。
そんな時、利用者とご家族をサポートする地域生活支援事業を利用できます。
また、将来に備えて少しずつ家族から離れた生活体験も必要となってきます。
今、ワークスでは地域生活支援事業を利用する方が増えてきています。
地域の障害者の方も利用できますので、ご相談下さい。

◎短期入所事業
ご家族が急に病気になり、入院が必要となってしまった。親戚の冠婚葬祭で家族が出かけることになった。
そんな時、利用者の方や地域の障害者の方が、いわまワークスに宿泊することができます。
また、ご家族が疲れを少し癒すために(レスパイト)も、利用することができます。

◎日中一時支援事業
ご家族が、夕方から夜にかけて用事があり利用者の援助ができない場合、ワークスの作業参加時間終了以降に、利用者の方をお預かりするサービスです。また、地域の在宅の障害者の方で、日中の家族の支援が困難となった場合に、ワークスの日中の作業や活動に参加できます。

◎指定特定相談支援事業(計画相談支援)
障害のある方が希望する地域生活の実現に向けて、生活全体を見通したサービスなどの利用計画の作成と、サービス利用開始後に行う支援(モニタリング)を行います。

◎障害者自立生活アシスタント事業

◎障害者青年学級「おもいっきり会」支援
おもいっきり会では、毎回メンバーが集まり活動の計画をし、カラオケやアウトドア、クリスマス会や一泊旅行など、多彩な活動で充実した余暇を過ごしています。
対象になる方は、「保土ヶ谷区内在住の一般企業で就労をしている障害を持った方」としており、就労により福祉的支援を受けにくい環境にいる方への福祉的サポートも行っています。会費はありませんが、活動は基本的に実費負担になります。
ご質問などございましたら、担当までお問い合わせください。

◎グループホーム



このサイトへのリンクご希望の方はリンク後で結構ですのでメールにてご連絡いただければ幸いです。
リンクをしたサイトの内容が公序良俗に反するものであった場合リンクをお断りする場合があります。